硫黄島からの手紙

私にとって「父親たちの星条旗」が消化不良の映画だったので
期待をせずに、でも渡辺謙氏への応援の気持ちが強く、見に行って来ました。

アメリカ人がよくここまでの作品を作ったものです。
このムダのない映画を さっそく家族や映画好きの友人に
「次に何の映画をみようかと迷っているのならば『硫黄島』オススメよ」と
メールを送りました。
どんな指揮官の下で戦争に立ち向かったかは、どんな上司の下で仕事を
するか(したか)にも共通するとも思ったのは私だけかしら。

もっともっと生きて何かをしたかった人々は 自分のせいではなく「戦争」で
断ち切られたのだから 本当に悲しいことです。
硫黄島だけではなく 私達はまだまだ知らない事が多過ぎるから
口先だけの戦争反対になっているようですね。

エコや地球を大切にすることは、戦争をこの世から無くす事。
f0117977_14581681.jpg

[PR]
by komomo-maman | 2006-12-10 15:04 | 映画 | Comments(0)