墨攻

昨夜は『墨攻』試写会へ行ってきました。
久しぶりにアンディ・ラウが素敵な映画です。
諸葛孔明のような役割で、敵将軍のアン・ソンギもなかなか
私は満足でした。
中国映画なので、「LOVERS」の色彩を求めがちですが
今回はちょっと色目は地味だけど、
10万の兵士の映像は大陸ならではの豪快さもあり、
まさに男の映画でした。
一部シーンで手抜きの場面が数秒あり残念だったな。。
私にとっては「LOVERS」「セブンソード」よりも『墨攻』をオススメ。
f0117977_1344475.jpg



f0117977_17463289.jpg

[PR]
by komomo-maman | 2006-12-23 13:05 | 映画 | Comments(0)